So-net無料ブログ作成

高速モバイルインターネット!『WiMAX』

前の3件 | -

無停電電源装置の選び方 [無停電電源装置 選び方]

無停電電源装置の選び方ですが、

容量が大きいほど、長時間の停電に耐えられますが、

値段も高くなります。


目的がシャットダウンをできる程度で良いのか、

給電も必要なのかで、選ぶ機種が変わってきます。


UPSはサージ防護機器ではないので、サージ防護機能の有無もポイントです。

無停電電源装置 サージ防護機能




バックアップ方式としては、以下のような種類があります。

無停電電源装置 常時商用給電方式
通常時は商用電源をサージ保護およびノイズ・フィルタを通して出力し、
停電時にはバッテリから出力します。

無停電電源装置 ラインインタラクティブ方式
サージ保護回路、ノイズ・フィルタを通して、サージ、ノイズを除去した後、出力する。
切り替え時間は比較的短い。

無停電電源装置 常時インバータ方式
常にインバータを経由して出力。停電時の切り替え時間が0。
交流→直流→交流方式なので、ノイズが流れにくい。







共通テーマ:パソコン・インターネット

無停電電源装置 売れ筋ランキング [無停電電源装置 選び方]

無停電電源装置 売れ筋ランキング

人気メーカーや機種情報です。








共通テーマ:パソコン・インターネット

無停電電源装置 長時間 [無停電電源装置 長時間]

無停電電源装置は、不足の停電時に、

システムが強制終了してダメージを受けることを目的としていましたので、

30分程度しか、もたないものが多いです。

しかしながら、企業では、停電後にサーバー等の作業する必要も出てくることから、 

長時間対応のものが望まれていましたが、

ユアサより、リチウムイオン電池を使った、3時間給電可能なタイプも出ています。







他のアイテムも見る→ 無停電電源装置 長時間



Tweet It! この記事をツイッターでつぶやく

共通テーマ:パソコン・インターネット
前の3件 | -
★検索コーナー★
下欄に検索したい言葉を入れ、お好きなショップのボタンをクリックしてください。






無停電電源装置」の先頭へ



seo great banner
このページの情報は、Amazon・電脳・YAHOO Web サービス によって提供されています。Supported by 楽天ウェブサービス

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます